初めての内容証名等の書き方などの方法について

約束のひとつに内容証名と言うものがあります。では内容証明とは一体どういったものなのか。例えば、結婚してくださいなどと言ったラブレターを恋人に送ったとします。けれど、貰った本人はそんな物受け取った覚えが無いと言ったら当然書いた側は送ったと言い出します。その挙句送った、貰っていないの、押し問答で決着が着かなくなってしまう事が多々あります。こうした事を少しでも早く解決させる為にあるのが内容証明です。

まだ、こうした恋愛のいざこざなら良いけれど、これがお金の貸し借りになってきた場合は大変です。まして、その金額が大きければ大きいほどに、貸した、借りていないなどの揉め事が続く様であればこうした内容証明を送りつけると言う方法が一つの事例としてあげられます。

では、内容証明を送ることで、どういった効果が得られるのか。先ず、貸した相手に一向にお金が返って来なかった場合、内容証明を送りつけることで、何らかの精神的プレッシャーを与える事が出来ます。ただし、間違っても、きちんと相手が悪い時に限ります。下手に送りつけていてはそれは単なる脅しと見なされて逆に告訴されてしまう可能性が高まってきてしまいます。また、内容証明を出しては行けない場合もあるので、こちらもいくつか紹介していきましょう。

先ず、内容証明とは宣戦布告と言う意味を表します。その為に、相手を怒らせてはいけない場合、例えば今後も付き合いを行いたい人たちには内容証明は出さない方が良いかもしれません。また、話し合いで解決が出来そうな揉め事などにも決して内容証明は出さないほうが良いかもしれません。

その他、友人や会社関係や取引先学校関係者。その他にもなるべくこれから付き合いを行う人たちには内容証明は出さない様にしましょう。内容証明とは、あくまで最終手段です。その為、逆を言えば送りつけられた人は酷く精神的苦痛をともなう事も多々あります。だからなるべく話し合いで済ませられる問題は話し合いで、それでも尚、相手側が言う事を聞かないでいるのならば、内容証明と言う最終手段に出るのも考えてみると良いかもしれません。

岡山倉敷処分冷蔵庫

福生市 不動産

ハウスクリーニング 品川区 価格

カーラッピング